« 東証とみずほ証券のシステムの問題点 | Main | 今年の抱負 »

December 23, 2005

はやぶさは失敗したのか成功したのか

小惑星探査機のはやぶさが注目されている。約20億キロほど旅をして先ごろ小惑星イトカワに到着した。イトカワへ着陸してサンプルを採集しようとしたのだが、どうも予定通りには行かなかったようだ。この手の計画は、ミッションが終了してから評価すべきだと思うが、まだ地球への帰路には着いておらず、計画の途中の段階だ。

それなのになぜ話題かと言うと、小惑星へ着陸して表面のサンプルを採集するという計画は世界初であって成功すれば大きな成果となる。そんなわけでニュースになったわけだ。実は、はやぶさはイオンエンジンで約20億キロの旅を無事終えただけでも世界初の出来事なのだが、着陸してサンプルを持ち帰ることに比べれば小さいことに思えるようで、一般のマスメディアでは扱われていないようだ。
(余談だがイトカワの名前はペンシルロケットの糸川英夫氏からとったものだそうだ)

私は小学生のころ読んだ読み物で火星旅行にはイオンロケットを使うのが一般的な化学ロケットより有利という話を思い出す。そのイオンロケットが実用になったと聞くと火星旅行も近いような気分になる。

さて、はやぶさが注目されている理由の一つに今回の計画(ミッションと呼ぶことにする)の進行をJAXA(Japan Aerospace Exploration Agency 宇宙航空研究開発機構)が逐一公開していることがあると思う。ネットの発達のおかげでノンフィクション・ライターの松浦 晋也氏のこちらブログなどからミッションの経過を逐一知ることができる。JAXAがネットでの情報発信をどの程度意識しているのかわからないが、科学に素人のマスコミ記者がよく分からないまま書いた記事などよりずっと実情が伝わっているのは間違いない。

でも相変わらず素人記者(科学に対して素人という意味)がピント外れなことを書いている。先の松浦氏のブログで紹介されているNET アイ プロの視点だ。

もともと、私は日本経済新聞は科学関係の記事が弱いと感じている。そんなわけで経済記事は信用するけど、日経の科学記事は少し信頼度を低くして読んでいる。まあ、その判断が間違っていなかったことがこのコラムを読むとよく分かる。科学技術部長をやっているような人が書いた記事があの程度なんだから。

記事を読んだ印象は、最後の結論が先にあってそこに持っていくために今話題のはやぶさの話を無理に使ったと感じた。結論は「失敗を恐れて低い目標を掲げてはいけない」「志の高い研究には失敗しても研究費を惜しげもなく注ぎ込む度量も必要」などという非常にもっともな内容だ。言いたいのは失敗をおそれるなということだと思う。

そこで、はやぶさのミッションが失敗で、関係者がなんかよく分からないことを言って、いい訳をしていると非難している。こんな感じだ「研究者が意図しているかどうかは別にして成否のあやふやな発表をみる限り、失敗の責任逃ればかりが前面に出ているような印象を与える。」私に言わせれば、自分の理解できないことは、あやふやな発表と言っているにすぎない。印象ではなくて、ミッションのどこが失敗なのかはっきり説明してほしい。

そもそも、科学ジャーナリストは、専門的な内容を一般の人にも理解できるように分りやすく説明するのが仕事だと思う。それを「印象」で片付けてしまうのは素人と言われても仕方が無いだろう。

私が感じたのは、はやぶさのミッションはかなり欲張っていろいろな技術的に新しいことをやっているというものだ。これは日本では予算が少ないので、あまり多くの探査機を飛ばすことができないという事情によるところもあると思う。それで、いろいろな技術に挑戦しているから、それぞれに対して、成果をみることができる。以前のように人工衛星を衛星軌道に乗せることが目標というなら、軌道に乗ったか乗らなかったかで成功失敗を判断できた。しかし、今回のようにいろいろ盛りだくさんなミッションでは、ことは単純には行かない。

先の日経のコラムが素人記者のものと言っているのにはもう一つ理由がある。それは次の記述の部分「出来上がったシステムが動かなかったり、目標を達成できなかったりすれば失敗であり、無駄な研究開発ということにもなる。」

失敗は無駄ではない。失敗からなにも学ばなければ無駄なんだが、失敗から多くを学べば成功と同じくらい価値があることがある。まあ、失敗を無価値のように言ってしまったのは、最後の結論「失敗をおそれるな」を強調しようとしての言葉なのかなあと、好意的にとってはいる。さすがに、「失敗は成功の母」という言葉を知らないとは思えない。
しかしだ、もう少し、研究開発における失敗成功の意味を考えてものを言って欲しいものだ。一介の技術者にすぎない私でも、失敗したものは無駄な研究開発だと言われると悲しくなる。成功するためにはその影で失敗や努力がどれほど必要なのか少しは知って欲しい。

先の松浦氏のブログには昔の素人記者の逸話が紹介されている。記者の皆さんは少しは進歩したのだろうか。だだ、この程度の科学知識しか持ち合わせていない人が書いている可能性があることを心してマスコミの科学報道を見る必要があることは、今でも変わっていないと思う。マスコミはブログと違って専門家から突っ込みがはいらないので楽ですからね。さて、ネットからの情報がこのようなお寒い科学報道を少しは改善してくれると私は少し期待したいのだが、どうだろうか。

|

« 東証とみずほ証券のシステムの問題点 | Main | 今年の抱負 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference はやぶさは失敗したのか成功したのか:

» 日経新聞「プロの視点」の素人度合い [make myself just as hard]
ちょうど一ヶ月前、11月21日のエントリーで私は「小惑星探査機「はやぶさ」報道に見る、コンテクストを理解する知性」と題し、大手マスコミの科学報道におけるプロ意識の欠如について述懐しました。それから一ヶ月、「はやぶさ」はすばらしい活躍で多くの人々を感動させてくれました。そうして昨日、日本経済新聞に登場した論評がこれ。 ● NET EYE プロの視点・ハイテクと社会「研究の失敗に寛容な風土はできるか(12/21)」清水正巳 編集委員 松浦晋也さんがブログでこの論評の何が問題かを丁寧に説明し、... [Read More]

Tracked on December 23, 2005 11:07 AM

» 失敗への気づき… [▼驚異の成功・ビジネス・健康の常識と非常識▲]
あちゃ〜…なんていう失敗とかしたことないですか? ブログランキング!←ちょっとここにカーソルを合わせてクリックしちゃいなよ〜(^^♪今日は何位かな? 失敗って今までの人生の中で何回しているんですかねちなみに僕は多すぎて数え切れません…みなさんはどうですか? ...... [Read More]

Tracked on January 28, 2006 11:14 AM

« 東証とみずほ証券のシステムの問題点 | Main | 今年の抱負 »