« April 2006 | Main | July 2006 »

June 30, 2006

ワールドカップでなぜ日本は勝てなかったのか

この話題を今やるのはちょっとタイミング的に遅い印象がある。しかし、少したって頭が冷えたところで冷静に状況を分析してこそ本当の問題点がわかるというものだ。ただ、この文章を書こうとおもったのは、決勝トーナメントへ進んだチームの戦いぶりをみたからというのが本当のところだ。

決勝トーナメントでの戦いを見て感じたのが、日本代表選手の多くはワールドカップに参加したことで満足していたのだということ。この論点での評論はどこのメディアでも私は目にしていない。
私が見たいくつかの決勝トーナメントの試合では、選手の多くは確かに勝ちたいと全力をだしているのが伝わってきた。しかし、残念ながら日本戦の3試合ではそれは感じられなかった。確かに中田のように勝ちたいと必死でやっていることがはっきりわかる選手もいたが、少数派であったことは間違いない。

初戦のオーストラリア戦で最後守りきれなかったとき、やっぱりまだまだ日本の選手は根性がない(精神的に弱い)と感じたのだけれど、エリートが多いからかなあと漠然と思っていた。3試合を通じて私が勝ちたいと必死でやっているように感じた選手は中田、中村、巻、中沢くらいかな、稲本もそうみえなくもなかったけど、最初ベンチを暖めていたからという気もしないではない。川口も必死でやっていたとは思うけど、走らなくてよいキーパーは残念だけど他の選手と条件が違いすぎるので本当に苦しくなったときにどうかは分からない。
中村、中沢は前回ぎりぎりでワールドカップメンバーから落選しているし、巻は今回そのあきらめない姿勢が評価されてメンバーに選ばれたわけで、それなりに挫折や下済みを経験している。その点中田は本当に特別だと思う。あの絶対に勝つんだという姿勢が、練習で手を抜かないのでその能力の高さを支えているのだろうが、同じように挫折も下済みもを味わっていない他のレギラー陣とは違うと感じる。

韓国の選手をみていると本当に最後まであきらめないと感じる。彼らは兵役免除というそれこそ命がかかった特典があるからあれほどがんばれるのかもしれない。それに引き換え日本選手は勝っても負けてもあまり自身の選手生命やプライベートの生活に大きな変化があるわけではない。だから、必死さが違うのではないのだろうか。何が何でも、本当に倒れるまで走るという姿勢を感じられない多くの日本代表選手を見ていてそう感じた。
それでなぜそうなんだろうと理由をいろいろ考えると、一番大きいのがやはり現状で満足してさらに上をめざそういう意識に乏しいということだろう。決勝トーナメントで戦っている選手達は優勝しないと満足できないのだと思う。それに引き換え日本の選手達の多くはワールドカップの試合に出れたことで満足しているのだろう。

これはある意味日本のワールドカップ出場回数が少ないこと、出場できるようになって日が浅いことが原因だと思う。ある程度出場し続けて出場するのが当たり前になってくるとまた感覚も変わってくるのだと思う。そうなるまで待つしかないのかもしれない。まあ、負けて帰った選手を過激なサポーターが襲って選手生命を絶つほどの怪我でもさせればまた状況は変わるだろう。南米では実際殺された選手が過去にいたと記憶している。がしかし、そんな変化は望まない。ずっとそんな過激な状態が続くのも怖い話だから嫌だ。

もう一つ選手の絶対に勝つんだという姿勢にかける原因に、子供のころに上手い選手を試合に出すという悪習があるように思う。南米やヨーロッパでは練習に真面目に取り組んだ選手が試合にでるのだそうだ。確かにそちらの方が子供時代には将来のことを考えるずっとプラスの面が多い。まず、みな試合にでたければ真面目に練習をする。そして子供時代下手でも試合の楽しみを知ることができる。そうなれば長く続ける選手も増えるだろう。それはそのスポーツの裾野を広げることになるし、大器晩成型の選手に活躍場を残すことにもなる。

試合に勝っても負けても、練習をしなくてもレギラーの座が安泰な選手生活を送ってきたそんな選手がプロになるような上手い選手には多いのではないのだろうか。それでは練習のときから全力で取り組むことが体に染み付いていなくても不思議ではない。そして練習で全力が出せないようでは本番でも出せないものだ。

子供のころの練習方法が原因と思われることに、決定力不足やゴール前での創造性に乏しいプレイなどもあるが、その説明はいずれするとしよう。

最近ブログから出てきて新聞なども書き始めた話題にTV(電通)戦犯説がある。ジーコ監督が試合時刻について放送局の影響で不利になっていると話した件だ。
ここを紹介しておくのであとは前後の記事やコメントからのリンクを辿ればいろいろ情報がえられるはず。

さて、確かに30度の気温での試合がつづくのは選手にはきついとは思うが試合中は相手も同じ条件だし、そもそも暑いほうが日本には有利と試合前は言っていたと記憶してる。確かに夜の涼しい時間帯試合があったら結果が違っていたかもしれないが、選手の精神的弱さが原因だと私は思うのでそれがあらわになって今回は良かったと考えている。原因の一つがはっきりすれば対策もうてるというものだ。
それが上手くいかなければ日本がワールドカップにでるのは当たり前で、勝たないと満足しなくなるまで待つしかないだろう。

| | TrackBack (0)

June 29, 2006

復帰第一弾はロボットの話

ブログを初めて1年ちょっとたったところで2ヶ月ほどなにもアップしない状況になってしまった。1年もたつとネタ切れの状態になるってくるのか。実は、ちょっと本業の方が忙しく、精神的にブログになにか書こうという気持ちが萎えていたのだ。やっと仕事の方が一段落してちょっと精神的に余裕が出てきたので、なにかかこうという気になった。しかし、ネタが思いつかない。前回ブログを書いた4月半ばから起こったことといえば、ROBO-ONE宇宙大会のテクニカルカンファレンスに行った事とか、ワールドカップが開幕したこととか、そうそうマイクロマウスの大会で新しい入門者向けの新しい競技が正式に開催されたとか。もう少し硬い話では、共謀罪とか愛国心を教育基本法に含めるとかの嫌なはなしとかあるなあ。オープンソース関連ではXenの話とかもしてみたい。

それでロボット関連の話をしてみることにする。ROBO-ONE宇宙大会は壮大な計画だ。とにかく衛星軌道上で格闘戦をやろうというのだから、しかし、テクニカルカンファレンスの中須賀先生の話を聞いているとできそうな気になってくる。秋葉原で売っているような民生品で人工衛星を作って実際に打ち上げて2年以上も動作させている実績を持っている方の話だから実感が湧いてくる。話を聞いて電子機器の問題はあまりなさそうだ。宇宙用のモータの開発が一番課題な気がする。基本的にブラシモータはダメなようなので、ブラシレスモータを開発しなくてはいけない。ところが模型用の小型モータはほとんどブラシモータのはずだ。高級品でもコアレスブラシモータでブラシの材質が貴金属だったりするだけだのはずだ。フラシレスモータはもう少し大きなものが対象だと思う。HDDのモータとかはブラシレスモータだと思うので、そのあたりの技術を入れれば小型のものは作れるとは思うが、現在ROBO-ONEで主に使われている模型用サーボモータとはだいぶ分野が違うので技術協力をうまく取り付ける必要があるだろう。

もう一つロボット関連でマイクロマウスの関連で新しい入門用の競技会が正式に開催された。ロボスプリントといって直線を走ってそのタイムを争うという非常にシンプルな競技だ。クラス分けの案などでているようだが、今回は8mのコースで争われる。ただ速度をだせばいいというものではなくて、停止エリア1mでとまらないといけないのであまり速く走るとプレーキに工夫が必要になってくるだろう。
この競技入門用というとで、単純なルールになっているのだが、スタートの時に曲がるだけであとはまっすぐ走れればいいのだから、いろいろな機構を試すことができると思う。そいういう意味で期待もてる競技だと思っている。
とりあえず扇風機でも置いて帆で走るものでも作ってみるか。

| | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | July 2006 »