« June 2006 | Main | August 2006 »

July 10, 2006

ジーコ監督には何がたりなかったのだろうか

日本が今回のワールドカップで勝てずに終わり、いろいろメディアで騒がれるかと思いきや、いつの間にか次期監督の話題で敗戦の反省もほとんど行われていない。そんなんで強くなるのだろうか。
そんなおりこちらを読んでいてふと思った。ジーコ監督になにが足りなかったのだろうか。
オシム監督は実績もあるすばらしい監督らしいので私も期待している。オーストラリア戦に負けたときにオシム氏に監督になってもらってもっと鍛えてもらう必要があると周りと話していたのだが、私以外にも同じこと考えていた人はいたようだ。

話を戻して、私はジーコのサッカーが好きだった。といってもJリーグができてジーコが選手として復帰して活躍する姿を見て好きになったのだから、本当の全盛時代は知らない。
今までJリーグで活躍した選手でだれが一番かと聞かれれば間違いなくジーコと答えるだろう。残念ながら生(サッカー場)でそのプレイを見ることができなかった。しかしテレビで見る限り彼のプレイに私は大きく感動した。何がいいのか上手くいえないがやっぱりなにか違うのだ。ついでながら生でみた選手で一番なのはリネカーでもスキラッチでもなくストイコビッチかな、それにしてもジーコのプレイを生で見損なったことはいまだに後悔しきりなのだ。当時Jリーグのチケットはプラチナチケットと呼ばれてなかなか手に入らなかったからなあ。

さて、過去の話はこれくらいにして、選手として好きだったからジーコが監督になっても当然応援した。選手の自主性を重んじるやり方もそれなりに支持していた。以前も書いたがジーコ監督になって日本代表もたくましくなったと思っていた。しかし、まだまだだったようだ。そして最初の問いに戻る。何が足りなかったのか。
メディアからの情報しか知らないが、ジーコ監督は個々の選手の技量を上げるのは、選手が所属するチームで行うのを基本としていると話していたと記憶している。しかし、ワールドカップの合宿に入ってからは、盛んにシュート練習を行っているように報道されている。本当は、選手個人の技量を信じてチームとしてプレイを練習したかったのではないだろうか、しかし、現実の前にはシュート練習をせざるを得なかったのだろう。(その後電気屋で偶然ジーコの記者会見を見たのだが、各クラブに選手強化の策をいろいろアドバイスしていたようだ。)

メディアでのジーコ監督への批判では日本の選手はブラジルの選手とは違うというものだった。まあ、そんなことは誰でもわかることであまり意味のない批判だと思う。私はブラジルと違うのは選手だけではなくて、選手の所属するチームのコーチ陣も含めてだと私は思っている。各チームのコーチ陣も選手をしっかり鍛えることができないのだ。選手は自分達だけで上手くなるわけではない。プロともなれば選手を支えるいろいろなシステムがあってこそ選手も成長するはずだ。そして、ブラジルだけではなくサッカーの歴史が長い強い国では選手を支えるシステムも日本と大きな差があると考えるべきだろう。

ジーコ監督が選手を信じるところまでは良かったのだが、日本というサッカー後進国の選手の教育育成システムまで信じてしまったことが間違いだったのではないだろうか。現状選手がなにか強化したいことがあった場合にそれに答えられるだけのコーチ陣を持っているチームがどれだけあるのだろうか。そのあたりまで考えて選手の召集や起用を考える必要が今の全日本監督には必要な気がする。

もう一つコーチ陣の能力不足は子供時代からあるように感じているこれは日本のスポーツ全版についていえることでサッカーだけではないと思うが、サッカーのように全世界に競争相手があるとその差が顕著に出てくるように感じる。日本よりずっと人口が少なくて子供も含めて選手人口が日本より少ないと思われる国でも日本よりずっと強い国が沢山あるのはなぜかと考えるとそんな答えが出てくるように思う。
日本のサッカー協会はそんなことに気づいているのか、有望な子供を集めて英才教育を行うなどしてしているが、長期的には地道に優れたコーチを全国に配置していくことを考える必要があると思う。
少子化の影響を受けている野球も含めて、子供時代に将来のプロ選手たちをどう教えられるかが、今後日本の対外的な強さを決める大きな要因となるだろう。その為のコーチの育成システムをどう作っていくか問われるところだろう。

「これは投稿です」

| | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »