« August 2006 | Main | October 2006 »

September 12, 2006

中田選手の引退に思う

何でこの時期にと思うかもしれないが、ワールドカップ直後に引退を表明した中田英寿選手についての考えを述べたいと思う。実は引退表明直後からいろいろな思いはあったのだが、少し冷却期間をおいてから振り返ってみたいと思っていた。その後追加の情報がなにか出てくるかもしれないとも考えていたが2ヶ月以上たった現在マスコミからはなにも情報は得られていない。

ワールドカップで勝てなかった日本チームについて書いたが、そのなかで中田は特別だと書いた。外からみて挫折や下積みの経験がないのにも関わらず、絶対に勝つという強い姿勢をあらわして試合をしているからだ。

しかし、今回の引退宣言を聞いてちょっと中田選手への見方が変わった。試合中に勝つという強い姿勢を保ち続けているのに、サッカーを続けることへはそれほど強い意識がなかったということが今回分かったからだ。

今回の引退宣言が出てメディアではいろいろな意見があった。ワールドカップで勝てずに燃え尽きた。とか、全日本チームの皆が勝とうという意識に乏しいことに愛想をつかした。とか、オシム監督に変わって、全日本のレギュラーでいられなくなることをプライドが許さなかった(どうしてレギュラーでなくなるとわかるだろうか書いている記者の予測だと思うが)。とか、いろいろある。
最後のものは中田選手に批判的なのだが、後は周りが悪いからやる気をなくしたみたいな言い方だ。私は中田選手の絶対に勝つんだという姿勢やサッカーにまじめに取り組む態度がプレイにでていて、好きな選手だった。しかし、今回の引退宣言は批判的になっている。

ちょっと諦めが良すぎると感じるからだ。試合中あれほど勝つという意識を前面に出してプレイできるのに、なぜ日ごろの活動で同様な意識でサッカーをつづられないのだろうと感じてしまう。そこから思うのがサッカーがどれほどすきなのか、いや、サッカーをすることがどれほど好きなのかという疑問だ。私としてはあまりプレイは好きではないのだが三浦知良選手のようにもうすぐ40歳になろうというのに現役を続けている選手もいる。これなどはサッカーをすることが好きでたまらないのだろうと私は推測している。そして、そのように頑張っている行為は非常に好感がもてる。三浦選手はただ選手を続けているだけではなく後輩の育成なども精力的に行っていると聞く。

それに引き換え中田選手は30歳を前にもうあきらめたという印象だ。日本では、そしてスポーツ界では先輩、ようするに年上の人がリーダーシップを要求されることが一般的だ。WBCでイチロー選手が日本チームを引っ張れたのも30歳を過ぎてチーム内で年長者の仲間にはいったからだと私は思っている。中田選手も、チーム内でリーダーシップを発揮してチームを引っ張っていきたいなら30歳過ぎまで頑張らないとダメだろうと私は思っていた。そんなことも分からないのだろうか。それともやっぱりサッカーを続けることへの情熱が冷めてしまったのだろうか。

ここでサッカーをやめるということは、中田選手はワールドカップの試合で倒れるまで勝とうと頑張らない選手を批判することはできないと私は考える。日本のサッカーのことを考えるなら倒れるまでサッカー選手でいて欲しい。まあ、それはファンの勝手な要望で本人の意思を変える事はできないと言われるだろう。しかし、私の考えでは、そのことは、試合で全力を出さないのも本人の意思で他人にとやかく言われる筋合いではないと言っているのと同じような気がしてならない。

今回の引退で中田選手がサッカー以外のことで意外と自信を持っているのではと考えるようになった。もともと、サッカー選手として成功できなかったときのことを考えて会計士かなにかの資格をとる勉強をしていたと聞いている。だから、サッカー以外でいろいろ話があるのを勘違いしたということが考えられる。本当に自信を持っていたかは分からないだろうが、自信だけではなく能力もあるかは様子をみていれば分かることだ。

中田選手の今後だが、しばらく旅にでた後誰も相手にしてもらえず、することもなく、結局サッカーに帰ってくるような気がしている。サッカー選手はサッカー選手であるから価値があるのであって、選手をやめればただの人なのだ。今サッカー以外でいろいろ収入があるかもしれないが、それも日本代表のサッカー選手だからというものがほとんどだろう。まあ、例外があってそれだけの収入で本人が満足してしまうという可能性も否定はできないけど。収入だけではなく、マスコミもおそらくすぐに忘れてしまうだろう。そうなったときにさびしくなるのではないだろうか。まあ、中田選手の性格を良く知らないので静かになって喜ぶという可能性もあるけどね。

中田選手は「サッカーをやめることは絶対にないだろう。 」と書いているが、私の勝手な考えで、プロのサッカー選手が引退するということはサッカーをやめることと解釈させてもらった。もちろん指導者としての復帰はある。そうなればまたサッカーを始めたといえるだろう。

さて、中田選手は旅をつづけるのか、サッカーに戻ってくるのだろうか、もどってくるとしたらどんな形だろうか。

| | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »