« アジア初のワールドコン オフレコ編 | Main | 日本のロボコンの現状 »

September 15, 2007

設備研究の終焉と天文学への波及

装置産業という言葉がありますが、それに模して設備研究と言葉を使ってみました。どのようなものかというと高価な又は巨大な設備を使わないとできない研究です。加速器や原子炉を使ったものが容易に思いつきます。巨大望遠鏡(電波も含め)が必要な天文学や巨大なロケットが必要な宇宙開発なんかもそうでしょうか。

かつてはコンピュータ分野もそうだったと思います。高価かつ巨大なメインフレームコンピュータを使わないと出来ない研究は沢山ありました。それを使えることが研究を行えることになります。今でも気象関係の計算など少しは残っているようです。しかし、パソコンの高性能化にともなってそのような分野はほとんど消滅してしまいました。

昔は個人やアマチュアではとてもできなかったようなことがコンピュータやインターネットの発達で可能になりました。昔は紙に回路図を書いて手で配線していました。プリント基板も手張りで作ったものです。しかし、今は回路図はCADで書きます。プリント基板もフリーソフトのプリント基板設計用のCADを使って作ったデータを試作屋に渡せば製品と変わらないものを作ってくれます。電子メールで発注すれば外国の安いメーカを使うことが出来ます。

昔なら出来ないような研究が安価なパソコンを使うことでできるようになりました。今までは高価なメインフレームが使えることが前提だったものが大きく変わったのです。安価なパソコンで昔のメインフレーム以上のことができるようになったことで、メインフレームを使えることの利点はなくなりました。おかげでより多くの才能が研究をするチャンスを得て、メインフレームが使えるというような特権に安住していた人達は苦境に立たされているはずです。実際は進歩が早いためかそのような実態が露呈するにはもう少し時間がかかるようです。

今、コンピュータの発達その他によりこのようなコンピュータ分野で起こった研究の大衆化ともいうべき現象が他の設備研究の分野でも起こりつつあるように感じます。たとえばロケットや人工衛星。すでに人工衛星は大学の卒業研究のレベルで沢山作られているのです。実際に衛星軌道にのって2年以上稼動しているものもあります。弾道飛行させるものは大学対抗の競技会になっています。
ロケットについても最近北海道の町工場で作成されたものが打ち上げに成功したというニュースが流れていました。開発者は北海道大学の先生らしいですが町工場レベルの設備で観測用の弾道飛行するロケットは製作できるレベルに来ているわけです。あと少しで衛星軌道に人工衛星を投入できるものもできるでしょう。その後大阪でも別な方式のロケットが町工場レベルで作られ打ち上げに成功したというニュースを聞きました。
そうなると先の人工衛星と話と合わせれば天文学が町工場レベルの設備でできるようになります。町工場レベルであれば今プリント基板を個人で発注できるように近い将来自分のパソコン上で設計したロケットをインターネットで発注すれば人工衛星を打ち上げられるロケットが届くようになるでしょう。個人で作った人工衛星をこれを使って衛星軌道に乗せれば自前で宇宙観測ができます。高機能のデジカメと望遠鏡を積めばスパイ衛星もどきも作ることができるようになるでしょう。

そうなれば多くの才能が宇宙に目を向けるようになるはずです。天文学が再びアマチュアの手にもどってくるのもそう遠くない日ではないでしょうか。そしてそのことで多くの面白い発見が出てくることを期待してしまいます。さてこの予想いつごろ現実になるでしょうか。

|

« アジア初のワールドコン オフレコ編 | Main | 日本のロボコンの現状 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78352/16453252

Listed below are links to weblogs that reference 設備研究の終焉と天文学への波及:

« アジア初のワールドコン オフレコ編 | Main | 日本のロボコンの現状 »