« つくばチャレンジ | Main | フレームと炎上 »

January 30, 2008

センター試験 今年の不良率は

今年も大学入試センター試験が、19、20日とあった。それで一昨年、昨年と問題になったICプレーヤーの誤作動が今年も起こったようだ。
今年は不良に関しての報道はかなり沈静化していたようだ。

検索してみると「開始前不具合288台、解答中不具合148台」というのが出てきた再試験受験者は「英語のリスニング102人」ということで昨年の4分の1程度になったようだ。しかし、いろいろ検索してみるとこの再受験の数字がばらばらで良く分からない。また、再試験者の対象人数は過去最高という報道もみられた。実は、ICプレーヤーの誤作動はかなり減ったのだが、試験官のミスで早く終わったり、試験中に照明が消えたりなどのトラブルがあり、再試験対象者が増えたようだ。

ICプレーヤーの製造メーカーとの契約は3年と報道されているので、この型のICプレーヤーが使われるのは今年が最後になるという意識があるのか、不良が少なくなったためか、それとも報道側が飽きたのか、今年は不良ゼロを目指しますという報道を聞かなかった。

かなり頑張って不良率を減らしたことは悪いことではない。しかし、試験官のミスなどでトラブルが起こったんでは、せっかくの努力が無駄になるではないか。なにやっているんだかという気がする。受験生は一発勝負で、この試験で人生が変わる可能性が大なのだ。そのことを思ったらミスなんかしていられないと思うのだが。

まあ、感情論としては、そうなのだが、実際にはミスゼロなどということはあり得ない。受験者数も多いし、人はミスをするもんのだからだ。毎年言っているが、ミスがあることを前提にして公平を保つ工夫をすべきだと思う。そういう観点から再試験の制度ができたのはかなり進歩だと思う。報道によると、リスニング以外で再試験を受けた人もいるようだ。望みとしては、一発勝負ではない形のセンター試験のやり方を目指して欲しい。
リスニングテストを全員に課すというのも見直して欲しいものだ。語学関連の学部に進むものだけにして受験者数を絞り込めばトラブルもへるだろう。

さて、来年はどこのメーカーのICプレーヤーが採用されるのだろうか。メーカーが変わって不良率がどうなるのだろう。

以前に書いたこの問題
一昨年
昨年

|

« つくばチャレンジ | Main | フレームと炎上 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78352/17903298

Listed below are links to weblogs that reference センター試験 今年の不良率は:

« つくばチャレンジ | Main | フレームと炎上 »