« バイオ燃料はCO2を出さないというのは本当か | Main | 株主は保護しても労働者は保護しないのか »

July 14, 2008

第2回ROBO-ONE サッカー観戦記

7月5日(土)、6日(日)とお台場にあるパナソニックセンター東京で「第2回ROBO-ONE SOCCER」が行われた。当日の試合のようすはこことかここを見てください。

さて昨年と同様に二日目(6日)の決勝のみを見に行った。ただ、今年は予選からサッカーの試合をしたので、初日から行けばより多くの試合を見ることはできたが、時間の都合もあり決勝トーナメントのある二日目だけの観戦となった。

昨年との違いはいろいろあるが、まず1チームが4台(補欠1台がさらに加わる)となりキーパーを除くフィールドプレーヤーが3台となった。それにともないフィールドも大きくなった。ただ一番大きな変更は床面がいままでの板からパンチングカーペットになったことで、かなり歩行が難しくなったようだ。足の裏におもりを入れたりして安定に歩く工夫をしているロボットも見かけた。

見ていて感じたのは、浮きだまが多くなったことだ。昨年はキックしてもゴロのボールがほとんどだったが、今年はセットプレーからのキックはほとんど空中を飛んでいくボールがけられていた。ロボットの頭上を超えてゴールを狙うようなキックもあった。
そして、スローインはすべて手でつかんで投げるようになっており、かなりの距離を投げるロボットも多くいた。スローイン用にロボットの腕を改造してあるものも複数のチームで見かけた。人間と違いロボットの場合は、スローインでキックより強力なボールを投げるようにすることも可能なわけで、闘う戦略自体が変わってくることが予想される。

昨年もロボカップとの比較をしたのだが、最近のロボカップは中型クラスでどの程度浮きだまを蹴るのだろうか。小型クラスではゴロばかりだろう。さすがに人が動かすだけはある。すでに戦略の面では2年目にしてロボカップを追い抜いてしまったように私は感じる。何せゴロだけでやっているサッカーと浮きだまを使うサッカーでは質が全然違うと思う。

まだまだロボット個々のボール扱いはそれほど上手いわけではないが、チームとしての動きは人間に似てきたと感じた。それだけロボットの歩行の性能が上がったということだと思う。チームとしての動きは、練習不足のチームはフィールド上のすべてのロボットが全部ボールに集まってしまう状態が続くことだ。よく練習していると感じるチームはフィールド上に散らばって、必要ならパスやセンタリングを試みる動きをしていた。ただそれらはまだ成功することは少なかったように感じる。このあたりは、ロボットの動きの性能が上がれば改善されるように感じた。

だんだんサッカーチームとしての練度が勝敗を分けるようになっていくように思われる。ただ、すべてとまでは行かないまでもチーム内の多くのロボットが同一規格のチームが強かったように感じた。同じロボットをそろえたチームがいろいろ有利な点があるのだろう。なかなか、同じロボットを集めるのは難しいだろう。市販品そのままではロボットの性能面でハンディがある。皆がロボットを持ち寄ってチームを作るというパターンは少々不利なように感じる。サッカーしかやらないメンバーがそろったところはいいのだが、残念ながら小数派のようだ。まあ、もともとがロボワンなんだから格闘が主なメンバーが集まるのは自然だと思う。結局、サッカー用にチームでロボットをそろえられる財力あるチーム又は、別にサッカー用ロボットを持つことができる財力があるメンバーをそろえたところが当面は強いのではないだろか。

|

« バイオ燃料はCO2を出さないというのは本当か | Main | 株主は保護しても労働者は保護しないのか »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78352/41837030

Listed below are links to weblogs that reference 第2回ROBO-ONE サッカー観戦記:

« バイオ燃料はCO2を出さないというのは本当か | Main | 株主は保護しても労働者は保護しないのか »